衣笠泰介 友禅ライブペイント 動画制作しました

衣笠泰介 友禅ライブペイント

2014年4月25日に亀田富染工場で行われた現代美術アーティスト、衣笠泰介氏の友禅ライブペイント動画をご紹介します。

株式会社ウィンドミルがライブペイントの撮影から編集、youtubeまでのアップを一貫して担当しています。

ライブペイントはまさしく動画向けのコンテンツです。文字や写真だけでは伝わらない、衣笠泰介氏の自由闊達で迷いのない筆致は必見ですよ。

この動画はフルHD対応です。ぜひ全画面表示、最高画質でご覧ください。

現代美術アーティスト 衣笠泰介

衣笠泰介氏作品

衣笠泰介氏は1989年生まれ。幼い頃から絵を書くのが大好きで、中学1年から本格的に油絵を習い、中学3年で初の個展を開催。独特の色彩感覚と筆致が多くの人々を魅了します。

その後、国内各地の展示会を始め、韓国やハンガリーなどの現代アート交流展にも参加し、2014年にはニューヨーク”Zero Art” Japanese Contemporary Artにて最優秀賞を受賞しました。

また、京都御苑内にある「白雲神社」には、衣笠泰介氏による作品「妙音弁天絵馬」が奉納されています。

衣笠泰介氏の作品が常設展示されている「ギャラリーミラクル」のwebサイトにて、衣笠泰介氏の作品集が公開されています。ぜひ一度ご覧ください。

衣笠泰介友禅ライブペイント 「Pagong」亀田富染工場とのコラボレーション

衣笠泰介友禅ライブペイント 亀田富染工場

今回の友禅ライブペイントは、京友禅アロハで有名な「Pagong」亀田富染工場とのコラボレーションです。亀田富染工場の社長、亀田和明氏の計らいで、4列ある型染めレーンのうち2列がライブペイント用に開放されました。

京友禅アロハシャツ・カットソーの店 Pagong~パゴン~

友禅ライブペイントに用いるのは、普段のカンバスと絵の具ではなく、友禅生地に染料という組み合わせです。全長24.5mもある友禅生地に、7色の染料と縁取り用の墨を使い、亀田富染工場の型染めレーンでペイントしています。

市内有数の長大型染めレーンは、ライブペイントに打ってつけです。

着物産業の衰退とともに京都市内から次々と染工場が消えていく中、これだけ大きな型染めレーンが残っている工場は数えるほどしかありません。

衣笠泰介友禅ライブペイント 亀田富染工場

総制作時間はたったの5時間­です。驚くほどの速筆で、24.5メートルの特大友禅生地が、あっという間にカラフルに染まっていきま­す。衣笠泰介氏がライブペイントで魅せる自由闊達で迷いのない筆さばきをとくとご覧あれ­。

また、この作品はグランフロント大阪で展示が予定されているそうです。あれだけの巨大な空間なら、この作品の魅力を十分に引き出すことができるでしょう。どのような展示になるのか楽しみですね。

衣笠泰介氏の絵画は、地下鉄烏丸御池駅から徒歩7分、小川三条にある「ギャラリーミラクル」に常設展示されています。作品の鮮やかな色彩感覚と大胆な構成は必見ですよ。ぜひ一度その目で確かめてみてください。

貸しギャラリー/レンタルギャラリー/貸し画廊/レンタルスペース/ギャラリー ミラクル/cafe & gallery Miracle:京都 中京区

今回の動画作成にあたり、「ギャラリーミラクル」代表の衣笠様から多大なご協力をいただきました。ありがとうございます。